浜坂の松葉がに


浜坂の松葉がには兵庫県沖から島根県沖までの漁場で漁獲されます。
網に入ったかには船内で大まかに大きさや品質によって選別され、帰港するまでは海水の入った大きなタンクに保管されます。




カニが保管されるタンクにはエアーが送られていています。又、タンク内の海水が汚れたり、水温が上がるとカニが弱るので、こまめに水を入れ替えて綺麗な状態と温度を保ちます。紫外線海水滅菌装置を搭載して、更なる高鮮度を維持している船もあります。こういった行程によりカニは生きたままの状態で港に着きます。



港で船から揚がったかにはまたすぐに海水の入ったタンクに入れられます。


その後、かにを一枚ずつ重さを測り、さらに身の入り具合やキズの有無・足が落ちていないか・色が付いていないか等を確認し、選別していきます。
その選別の種類は数百種類に及びます。


選別されたかには市場の中に準備していた冷海水入りのコンテナに分けて入れられます。
このコンテナにもエアーが入れられ、生きたままの状態で競りの開始を待ちます。


競りが始まり競り子の威勢の良い掛け声に次々と仲買人が競り落としていきます。
こうして浜坂の松葉がには生きたまま仲買人に渡り、小売店で販売されます。
浜坂の活きの良い松葉がにを是非ご賞味下さい。
下の動画は競り前のコンテナの中の松葉がにの様子です。